航空機用燃料システム

ジェット燃料は、固体微粒子、水分、および微生物による汚染が起こりやすくなっています。汚染物質の除去は、搭載された航空機燃料システムの動作の信頼性を高める上で重要です。 For details on filtration solutions for fuel systems, contact your local Pall sales representative at aerospace@pall.com.

汚染によって引き起こされる問題

使用済み燃料フィルターエレメント内の汚染物質の顕微鏡検査

倍率:~50倍
縮尺 :100μm
倍率:~100倍
縮尺 :100μm

燃料システムには、微粒子、水分、微生物の汚染物質が含まれることがあります。これらの汚染は、複数の発生源から生じている可能性があります。
  • 燃料システムとその部品の製造に関連するプロセスで発生する残屑
  • 操作中に発生する摩耗残屑 (金属残屑、シール残屑など)
  • 燃料の保管および輸送システムによる汚染
  • 燃料の分解生成物
  • 環境に含まれる水分
  航空宇宙、防衛、船舶の概要航空宇宙、防衛、船舶用製品用途
エアシステム
CBRN保護
キャビンエア
エンジンの保護 - ヘリコプター
エンジンの保護 - 車両
その他のエアシステム
流体のリサイクル
燃料システム
油圧システム
潤滑システム
水処理 / 海水淡水化
この汚染物質が、燃料システムの部品に中長期的な損傷を引き起こす可能性があります。たとえば次のようなものです。
  • ノズルやバルブの詰まりまたは腐食
  • 燃料システム部品の摩耗の発生
  • 漏れの発生 (バルブの下に閉じ込められた粒子など)
  • 燃料システム部品の腐食の発生
  • センサーのファウリング
  • 表面の固まり
  • 燃料分解の発生
注意:フィルターの寿命が短くなった場合に作業者が陥りやすい共通のミスは、フィルターエレメントの寿命を延ばそうとして粗いフィルターを取り付けることです。しかし、燃料が汚染され、その結果、下流側の部品を損傷から保護するため、エレメントが詰まっていたのです。粗いフィルターを取り付けると、必要な保護ができず、部品の摩耗や最終的には装置の故障など、さらに深刻な問題につながります。


ろ過の利点

適切なろ過技術を選択すると、次のような効果があります。
  • 燃料システムの操作の信頼性および性能の向上
  • 保守コストの大幅な削減
  • 部品の寿命を延長
正しいフィルターのろ過精度、寸法、設置場所を選択することで、最適な性能を実現することができます。Pall technical experts can help you with this selection.

標準的な搭載フィルターの設置場所

  • ポンプ内にあるメインのエンジン燃料フィルター
  • 燃料制御システムの洗浄フローフィルター
  • 重要なバルブ、燃料制御などの上流に設置したラストチャンスフィルター
  • 燃料タンクからエンジンへの輸送ポンプの下流側のコーススクリーン

ろ過による問題解決

搭載ろ過製品には次のものがあります。 バルク燃料処理プロセスに関するろ過技術は下記を参照してください。



To determine the best product for your application, contact your local Pall sales representative at aerospace@pall.com

技術文書 / 標準

Madhavan, P. (2004年9月)「Filtration Technology for Aircraft Gas Turbine Engine Fuel and Lubrication Systems (航空機のガスタービンエンジン燃料および潤滑システム向けのろ過技術)」、Aircraft Technology and Maintenance, 2005 Engine Year Book

SAE Aerospace Recommended Practice (ARP) 1827年「Measuring Aircraft Gas Turbine Engine Fine Fuel Filter Element Performance (航空機のガスタービンエンジン精密燃料フィルターエレメントの性能を測定する)」