環境にやさしい施設

ミラノ、イタリア
2008年5月、イタリアのブッチナスコ(ミラノ)にあるポールの最新環境配慮型社屋が、アーバンランド研究所主催の「Awards for Excellence」ヨーロッパ最優秀賞を受賞しました。7,000 m2の総面積( 75348 ft2 )を有し、3つの建物で構成されているこの複合施設は、再生資源を使用し、省エネ型の冷暖房等管理等、可能な限り環境に配慮したシステムを採用しています。

  • 自家発電装置
  • 省エネ型の冷暖房システム(HVAC)は温水と冷水を同時に生産でき、建物の北向きと南向きの部屋で、温度を別々に調節することができます。
  • 冷暖房システムに使用する水は、大型タンクに貯蔵されて、防火用水としても利用されます。
  • ガラス、紙、プラスチック類のリサイクルシステムが整備されています。

ニューヨーク州、ポートワシントン
ニューヨーク州ポートワシントンにあるぽール本社は、2009年に新社屋に改築されました。総敷地面積 24,526 m2(264,000 ft2)を有する施設が改築され、ポール各施設の中でも、最新の省エネ型の設備となっています。

  • 建物正面のガラス壁は、低放射性断熱ガラスを採用し、電力消費を削減しています。
  • 建築用資材をリサイクルすることにより、約225,000ポンドのごみを削減できました。
  • 高性能ビル管理システムにより、電力消費量を年間で4百万キロワット時の削減を行っています。
  • 貯水システムにより、年間9百万ガロン以上の節水ができます。
  • 低VOC排出材料を使用しています。