微生物除去 (キャビンエア・フィルター)

ポールの高性能HEPAフィルターは、航空機内の循環空気による病気感染の危険性を軽減します。

データシート
Bacterial and Virus Removal Efficiency of Pall HEPA Cabin Air Filters
バクテリアおよびウイルス除去効率
ポールHEPAキャビンエアフィルター

2013年6月更新


キャビンエアフィルターは、空気による感染が、客室や操縦室に広がる危険性を減らします。

航空機内における再循環空気による感染症の伝播については、不安や誤解がよく見られます。こうした不安は、SARSや鳥インフルエンザなどの新しい感染症がニュースで報道されるたびに高まります。
ポールは、航空宇宙とヘルスケア向けのろ過における専門知識の                           両方を有する唯一のフィルターメーカーです。

航空機内の循環空気による感染症の伝播については、不安や誤解が                         よく見られます。こうした不安は、SARSや鳥インフルエンザなどの新しい                              感染症がニュースで報道されるたびに高まります。微生物除去効率は、                   99.999%を超えると測定されました。

しかし、最先端技術のキャビンエア・フィルターを使用しても、機内での                         人から人への直接的な伝播を防ぐことはできません

バクテリアとウイルス除去

当社は、数十年にわたり、病院向けの微生物除去フィルターと                              医薬品製造用の滅菌用エアフィルターを提供しています。

拡散捕集

通常、ウイルスの大きさは約0.02~0.2μmです。非常に小さな粒子                           (約0.1μm未満の大きさ) の場合、粒子はブラウン運動によって航空機                         内の個々のエアフィルターと孔壁に集められます。粒子が小さいほど、                         ランダムなブラウン運動は大きくなり、捕捉効率が高くなります。

慣性衝突

通常、バクテリアの大きさは約0.5~5μmです。粒子の密度が空気よりも高いと、慣性の効力によって気流から外れ、粒子が付着している固体の表面または孔の壁に影響を与えます。

詳細について上のビデオを見る

微生物エアロゾルに関連する健康への影響

病原性のバクテリア、ウイルス、および真菌胞子は、ヒトへの感染の原因になることがあります。呼吸、咳、くしゃみ、会話などの普段の行動によって、こうした数百万もの微生物が微細なエアロゾルとして拡散します。HEPAフィルターを活用しなければ、このような微生物エアロゾルが再循環空気によって航空機内にばらまかれてしまう可能性があります。

微生物エアロゾルに関連する健康への影響には以下のものがあります
  • 呼吸障害
    • 肺疾患
    • 鼻の感染症
    • ぜんそく
  • 耳の感染症
  • 副鼻腔疾患
  • 炎症
    • 皮膚
    • 気道
  • アレルギー
  • 頭痛
  • 疲労
  • 嘔吐、目まい

感染に対する乗客の感受性

航空機内の複雑な大気環境では、乗客や乗務員は通常の状況下よりも感染症にかかりやすくなる場合があります。これには、低湿度 (通常で15% RH未満)、低酸素 (飛行中の航空機内の全体的な圧力の低下が原因)、航空機内の人工的な環境、ストレス、機械的振動、疲労、時差ぼけ、一般的に遭遇しない感染症にかかっている可能性があるさまざまな地域の人との接触といった多数の要因があります。

ポールの高性能HEPAフィルターは、航空機内の循環空気による病気感染の危険性を軽減します。
概 要
概 要
航空機用キャビンエアフィルター
用途
民間航空機向けのキャビンエアフィルター
民間航空機向けのキャビンエアフィルター
ポールが選ばれる理由
ポールが選ばれる理由
航空機用キャビンエアフィルターやVOCの除去に関するポールの実績
設計および試験能力
設計および試験能力
ポールの設計エンジニアリング技術